遥
HARUKA

HARUKA
(2011.01.29撮影)

遥さんは19歳。美しい黒髪とノーメイクなのにつるつるのお肌、二重でこぼれそうな
大きい瞳、加えて実際に学生時代に来ていたという制服姿。そして何より2種類の
瓶底眼鏡を常時着用という眼鏡っ娘ぶり。・・・sguts的には完璧なタイプです(笑)。
・・・遥さんの眼鏡歴は小学校一年から。父親が強度の近視と乱視という彼女は
眼鏡を掛けて初めて家の時計の文字盤の存在やテレビの右上に時間の表示
があることに気付いた、といいます。今までのぼんやりと膜がかかったような世界から
クリアな視界の世界へ、其の時の感動を彼女は今も忘れないのだそうです。
しかしそれでも学校の席は最前列で固定、視力検査では常に最初から眼鏡着用。
水泳の授業は他の生徒に手を引いてもらう、そんな日常を過ごしてきた彼女。
今では付けまつげやマスカラは主治医からNG、自動車免許を取る予定がないのなら
手帳の申請すら可能、しかも視力は未だ下がり続けている、そんな状況が逆に
彼女独特の素直で透明感のある魅力に繋がっているのだと思います。
なんかこう、撮影していて最近の女子高生らしくない(褒め言葉)安心感がありました。
CDRは100枚収録。自前の2種類と裸眼が中心です。かわいいです!

CD-R 100枚収録 \2000
CD-R 100pics
DVDは通常のスタジオ撮影に東京では初となる野外シーンを少しプラス。
小心者なので緊張しまくりでしたが、自然光での撮影は眼鏡レンズ側面の
キラキラした様子や輪郭の凹みなどが一層強調されるような気がしました。
この場面はスタジオとは違った妙なリアリティがあり、お気に入りです。
・・スタジオではインタビューや遥さん自身による様々な一人語り、視力検査
などはもちろん、2種類の制服姿とおさげとみつあみの2パターンの髪型を
活かしたイメージシーンもかなりいい感じで仕上がっています。実際に三年間
使っていたという鞄と教科書も小道具に取り入れ、裸眼で教科書を読むシーン
は内斜視ぎみに一生懸命に文字を読もうとする姿がとても印象的です。
ちなみに今回の作品、遥さん自身の視力の現状や過去の体験だけを書くと
悲壮感漂う暗めの作品と思われるかもしれませんが、そうではありません。
どちらかといえば明るめの作品です(特にインタビューシーン)。
彼女自身も撮影終了後に当サイトに出れて本当にうれしかった、とメールを
いただきました。不自由なことや将来への不安はあるものの、けなげに
頑張る遥さん。sgutsは今後も応援しようと思いました。おすすめでございます。


DVD 約60分収録
 ¥4000(ダウンロード版は\3800)

DVD 60min
☆撮影裏話☆
毎回僕は集合場所に30分ほど早く到着するようにしています。なぜかというと、其の時間で行くと大概僕がモデルさんを待つ格好になり、
改札から出てくる様子などモデルさんの「素」の表情を垣間見ることができるからです。ま、こう書くと趣味悪ーって感じですが(笑)。

で、今回。いつも通りに30分前に新宿に到着すると制服姿の瓶底眼鏡っ娘が!事前にいただいていた写真は私服だったのと、制服姿でまさか来るとは思っていなかったので、
(私服で来て、制服に着替えるものだとばかり思ってました)その子が今回のモデルさんだとは気付かず、思わずスカウトしてしまうところでした。
ちなみに完全な私事ですが、遥さんは僕が眼鏡っ娘好きになったきっかけの一つである中学時代の同級生と雰囲気が似ていたりします。少し鼻にかかる声やふとした瞬間に見せる何気ない
(恐らく本人でさえも意識しないであろう)思春期独特の色気。撮影していてとても甘酸っぱい気持ちになってしまったことは秘密っす(笑)
内向的で女の子と話すらできなくて、すごく歯痒かった中学生sguts。あの頃、憧れていたシチュエーションを僕は今、撮影というカタチで補完してるのかもしれないな、そんなことを思いました。

そうそう、制服に関して。那美さんに続き、制服姿の遥さん。ポリシー的にコスプレのようないかにもな制服はあんまり好きではないので、今後もやるとしたら
モデルさんの私物をご用意いただく形になるかと思います。ただ、あまりに個性的な制服ですと学校やモデルさんの住所特定に繋がる恐れがある為、厳しいかと。
(今回の遥さんの通っていた学校は制服が自由で、決まったものがないとのことでしたので採用しました)今後もこの点をご理解いただければ幸いです。



サンプル動画はこちらをクリック!

shopへ

gallery

inserted by FC2 system