かほ
KAHO

かほさん直筆・プロフカードはこちら

かほ KAHO
(2013.12.05撮影)

海外からのご注文をいただくことも多い瓶底眼鏡っ娘。かねてより
英語版?も作ってみたいなぁ、とぼんやりと思っていたのですが、今回はまさに
そんなデキの素晴らしい作品。加えて国による眼鏡加工技術の違いも堪能できますw
ご出演いただいたかほさんは現在25歳。-20以上の度数の眼鏡をかけた
ご両親から生まれた彼女もまた超強度の近視+乱視(現在-20D)。幼少期より眼鏡を
かけ続けた彼女はそのせいで嫌な思いをすることも多かったといいます。
内向的な性格になってしまった彼女にご両親が勧めたのが留学。
18歳から23歳までの5年間、彼女はオーストラリアの大学に通いました。
作中では日本語と英語を織り交ぜつつ、かほさんご自身の半生を振り返っていただき、
通常使用されているピンクのフレームの圧縮レンズの-20の眼鏡と、オーストラリアで
作ったツボクリ気味の黒縁眼鏡(度数同じ)の両方を使い、会話だけでなくイメージ、
視力検査、そして眼鏡探し(いつもと少し違いますw)などを収録。
さらには先のツボクリを掛け、屋外、コンビニ、喫茶店や駅構内などでも撮影を敢行。
かなり盛りだくさんの内容となっています。
「未だに人見知りだし海外で自分を変えられたかはわかりません。でも以前の自分なら
絶対にしなかったモデルに応募できた、ということ自体は成長なのかな」
そんなかほさんのお姿、是非ご覧になってあげてくださいね。

CD-R 156枚収録 \2000
CD-R 156pics
今回、ギリギリまで2枚組にしようかと迷ったのですが、敢えて一枚のロムの
収録時間の限界に挑戦していますw内容的にはかなり濃いと思いますが
それでも泣く泣く削除したシーンもアリ。いつか活かしたいなぁ、と思います。

オープニングから暫くはかほさんの幼少期から現在までのインタビュー。
ここではメインに使用しているのは普段掛けているピンクのフレームの眼鏡。
途中、オーストラリアで作ったツボクリ眼鏡が出てきてからは、そちらを
少し多めに使用していますが、全体的な使用比率は同じくらいです。

同じ内容を英語音声でも収録。ネイティブな発音で目や眼鏡の事、
かほさんご自身の事を話していただいていますが、とても新鮮。
英語の勉強にもなるかと思いますw

使用した衣装はスタジオ内2種。屋外1種。撮影用の黒縁眼鏡を使用した
イメージ映像の他、視力検査シーンも収録。また眼鏡探しでは久しぶりに
普通の撮影と思わせてからの眼鏡を突然拝借。焦り、涙目になるかほさんの
姿も後ほど許可をいただき、そのまま収録させていただきました。

撮影終盤では「さすがにこの眼鏡だと外は歩けない」と言っていた
ツボクリ眼鏡での屋外撮影を敢行。人の視線を気にしつつ、公園やコンビニ、
喫茶店でのプロフィールカード記入や最期にその眼鏡のまま帰ってゆく
シーンまで、ばっちり押さえることができました。
今作は前作がある意味イレギュラーでありながら大変高い評価をいただいた
為、とてもモデルさんに求められたハードルが高かったと思います。
しかしそれに勝るとも劣らないいい作品になったと自負しています。

DVD 75分収録
 ¥4000(ダウンロード版は\3800)

DVD 75min

●撮影裏話●

とても素直で気が利くかほさん。今回の撮影では衣装の注文をしなかったのですが、何も言わなくても数種類用意してきてくれました。
眼鏡に関しても今作の目玉、黒縁のオーストラリア産は僕自身も撮影当日まで存在をしりませんでした。
それをわざわざご持参いただき、屋外などハードルの高い撮影にも積極的に参加していただいた彼女には本当に感謝しています。
ここ最近の撮影で特に顕著に感じるのですが、モデルさんご自身が楽しんで参加していただいた作品はこちらも良いものを!と奮闘しますし、
相乗効果でいいものができます。その楽しんで撮影に臨んでいただく環境づくりも大切だな、と。
ともあれ、かほさん、本当にいい作品になったと思います。おすすめです!




サンプル動画はこちらをクリック!

shopへ

gallery

inserted by FC2 system