真子
MACO

真子 MACO
(2017.04.08撮影)

ついに瓶底眼鏡っ娘が200作品目に突入!
サイト開始から10年以上。思えば長く撮影してきたものです。
開始当初は正直、「いつまで続けられるのかなー」なんて考えていましたが
こうなったら死ぬまで瓶底眼鏡っ娘を撮り続けよう、と思うのでした。
取り巻く環境も僕自身もこの10年で変わりましたが、瓶底眼鏡っ娘に対する
愛情だけは変わりません。今後ともどうかよろしくお願いします。

今後は関東圏での撮影をこれまでどおりメインにしつつ、
日本全国、どこにでも(そこに眼鏡っ娘がいれば)積極的に遠征しようと
考えています。200作品目はその第一弾として大阪での撮影を行いました。
登場していただいたのは真子さん25歳。府内で衣類の販売員さんをされています。
作中で言及していますが、衣類販売員という職業柄か
幼い頃からかけ続けてきた眼鏡姿を上司に注意されることもあるという彼女。
それでも度の入ったコンタクトを着用することのできない彼女は
少しでも縮小された瞳を大きくするために様々な苦労をしているのだとか。
今回はそういった日常の眼鏡に関する苦労話などのエピソードトークを
交えつつ、大阪の様々な町並みを楽しめるイメージ映像メインの作品です。
とても大人っぽくセクシーな真子さんですが、お話を伺うととたんに子供っぽい
素顔を覗かせ、そのギャップがこれまたとても魅力的でした。
200作品目に相応しいいい作品になったと思います!
写真は161枚収録です。自前1種。他撮影用の
黒縁・ツボクリを使用し撮影しています。

CD-R 161枚収録 \2000
CD-R 161pics

●今作はインタビューや会話のシーンもありますが、どちらかといえば
イメージシーンが多めの作品となっています。大阪の雑踏での
お散歩シーンや公園での無邪気な笑顔など、まるで真子さんと
実際にデートをしているかのような雰囲気を味わえると思います。
また、前編屋外での撮影なので、眼鏡のレンズの様子や
瞳の縮小具合、裸眼時の全く雰囲気の異なる様子、
さらにはGカップだという全身までくっきり鮮やかに捉えています。
●エピソードトークで印象的だったのが中学時代の話。
もともと視力の弱かった真子さんはそれまで-15Dの眼鏡をかけていました。
ところが受験勉強などでそれでも見えづらくなり眼鏡を新調することに。
そしてそこでできあがってきたのはなんと-20超えの眼鏡。
「どこまで自分は目が悪くなってしまうんだろう?
見えなくなっちゃうんじゃないか?」
と、家族含めとても心配し、悩んだのだとか。
現在かけている-21の眼鏡も見えづらくなっている、という彼女。
そんな彼女に撮影用のツボクリ眼鏡をかけてもらうと結果は・・・?
●撮影用の眼鏡は黒縁とツボクリの2種類を使用しています。
どちらも自前のメタルフレームにない魅力を味わっていただけます。
特に黒縁は自前の眼鏡に比べてかけても目がそれほど小さくならず、
それはそれでとてもお綺麗でした。
●裸眼状態のショットも多数収録。
真子さん、眼鏡をかけているのといないのとでは本当に印象が変わります。
どちらもびっくりするほどの美人さんなのでたっぷりとお楽しみください。
今後はイメージ重視の作品も会話重視の作品もどちらも様々な地域で

撮影していきたいと思います。今後ともよろしくお願いします!

DVD 約60分収録
 ¥4000(ダウンロード版は\3800)

DVD 60min



サンプル動画はこちらをクリック!

shopへ

gallery

inserted by FC2 system