美弥
MIYA

美弥 MIYA
(2011.02.20撮影)

今回は20歳の女子大生、美弥さんを撮影してきました。
幼稚園から眼鏡を使用。ご両親をはじめ、自分以外の家族が視力がいいため、
眼鏡を掛けないと何も見えない自分がずっと不思議だったという彼女が
先天性の弱視だということを打ち明けられたのは小学生時代だったそうです。
ハードのコンタクトを試したり、レーシックを打診するも不可。
−20Dの眼鏡を現在では使用されています。
趣味は読書やお裁縫。内外の幻想文学を好まれ、この日ご持参いただいた本は
sgutsも大好きな江戸川乱歩の「屋根裏の散歩者」でした。
また、お裁縫の腕も相当のようで、自分で服を作ることもあるようです。
撮影していて印象的だったのが、真っ白な肌とそれに対比して美しい黒髪。
目を細めて物を見る仕草や、可愛らしい声もとても魅力的でした。
CDRは自前の他、撮影用眼鏡数種類も収録しています。

CD-R 103枚収録 \2000
CD-R 103pics
おとなしそうな印象の美弥さん。撮影前はインタビューや会話よりも
イメージ寄りの作品になりそうだなぁ、と思っていました。
所がカメラを回すと彼女、予想外にいろいろとお話をしてくれました。
決して饒舌という訳ではないのですが、ご自身の目やそれに伴う様々な
体験談などをじっくり、はにかみながら、囁くように話してくれています。
比率的には会話6割、実演3割、イメージ1割という所でしょうか。
なお、今回の実演は撮影していくうちにsgutsのいぢわる心が喚起され、
少しS的な作品になっています。視力検査や読書のシーンもいいですが、
久々に使用したツボクリでのシーンなどはお好きな方には堪らないかも。
(このシーンは美弥さんの若干の涙あり。撮影後、きちんとフォローし、
収録にあたっては了承を得ていますので、ご安心くださいませ)
困った顔で拗ねる美弥さんもとても魅力的で、「オレって悪いなー」と
思いつつ、ついつい撮影してしまいました。
また、最近出番の少ない撮影用眼鏡ですが、今回は赤メタル、黒ぶち、
遠視などを見え方の比較付きで収録してあります。
美弥さん曰く「目のことやコンプレックスは全て話した!」と言わしめた
密度の濃い一本です。「お勧めです」!!

DVD 約65分収録
 ¥4000(ダウンロード版は\3800)

DVD 65min
☆撮影裏話☆
作中の朗読シーンで使用している江戸川乱歩「屋根裏の散歩者」についてちょっと。
読んでいただいたのは「屋根裏の散歩者」収録の短編「鏡地獄」。レンズフェチの男が次第に狂気の世界に入り込んでいく話。
乱歩というと推理小説の印象が強いですが、僕はどちらかというと短編の幻想文学が好きです。

鏡地獄もそうですが、他に「押し絵と旅する男」や「蟲」なんかは文章がとても流麗で、たゆたう感覚が素晴らしいと思います。未読の方は是非。
そして今回の美弥さん。素直で真面目、でもどこか危なっかしい魅力があり、守ってあげたいような、それでいて虐めてしまいたくなるような、不思議な印象の女の子でした。
上目づかいで目を細め、なんとか物を見ようとする仕草なんかもうね・・堪らない感じでございましたよ(笑)。



サンプル動画はこちらをクリック!

shopへ

gallery

inserted by FC2 system