リサ
RISA

リサ RISA
(2011.05.25撮影)

すらっとした長身と黒髪。可憐で美しい表情には未だあどけなさをも残し
その魅力を一層引き立てています。リサさんは二十歳の家事手伝い。
ブログにも書きましたが、彼女とは東京のとある町で出会いました。
携帯電話を見る彼女の仕草が右目を極度に近づける少し特殊な物であったため、
失礼のないようお話をすると、弱視とのこと。サイトの趣旨をお話し、撮影に至るまで
は一週間ほど。まずはご理解いただき、出演いただいたリサさんに感謝です。
彼女は先天性の網膜剥離で、5歳の時に冷凍凝固療法の手術をされています。
失明は免れたものの、現在では裸眼だとほぼ何も見えず、眼鏡をかけてなお0.2
程度の視力。ゴールドマン測定計によると視野の欠損もあるそうです。
自前眼鏡は2種類。それぞれ−12と−18ですが、矯正視力が変わらないため、
普段は−12のほうを使用(本人曰く「少しでも目を大きく見せたい」そうです)。
CDRはスタジオメインで屋外のショットも少し。自前+裸眼+撮影用赤メタルです。

CD-R 165枚収録 \2000
CD-R 165pics
DVDは約65分のうち、イメージ映像は合計20分ほど(撮影用眼鏡2種含む)。
他は出来る限り眼に関してのつっこんだ話題と実演をメインとしました。
会話はリサさんの経験した手術や検査の具体的内容を含んでいますので
難解と思われる個所にはテロップで解説も入っています。
また、家族にすら見せないという−18の眼鏡を初披露するシーンでは
ご自分の目が極端に小さくなるのを知ってか、極度に照れるかわいらしい
場面もあり、見て聞いて両方楽しめるかと思います。
文字の読み書きは今回は当サイト出演の際に交わす契約書を朗読、
記入してもらっています(計8分)。個人的にはココ、好きなシーンです。
視力検査は現実に即して行い、目を大きくしてなんとか読み取ろうとする
仕草を集中して収録しています(裸眼+眼鏡着用・計7分)。
その他、初めてお会いした時に印象的だった携帯を見るシーンや
その携帯に収められたリサさんが撮った写真の披露なども収録。
−18の眼鏡の出番が若干少なめですが、バランスのとれたいい作品です。
僕個人の中ではまた一つマスターピースが増えた思いです。

DVD 約65分収録
 ¥4000(ダウンロード版は\3800)

DVD 65min
☆撮影裏話☆
僕自身は決して女性慣れしているタイプではないので、街中でお声をお掛けして撮影にこぎつける、というのは至難の業です。
だから、しどろもどろになりつつも必死でお話をし、こうして撮影させていただけたというのは、それだけでとってもとってもうれしい事です。
(同時に営業という人と話す仕事をしていた時期は無駄じゃなかったんだなぁ、と思ったりね。嫌で嫌でしょうがなかったケド)

ちなみにリサさんはsgutsの好みにドストライクだったりします。どこか気品ある雰囲気に無邪気な笑顔。たまに見せる大人の表情。
少し天然ぎみな所もまたいい味を出しています(笑)。そんな彼女が今回は人生初のモデルを十分すぎるほどに頑張ってくれました。
インタビュー中に飛び出す「血液の冷凍凝固」やら「ゴールドマン測定計」といった専門用語の数々には吃驚しました。
旅行が大好きということでしたので機会があれば今度は河口湖方面の自然をバックに撮らせていただきたいな、と思っています。



サンプル動画はこちらをクリック!

shopへ

gallery

inserted by FC2 system