里美
SATOMI

里美 SATOMI
(2017.03.07撮影)

めっきり春めいてきた今日この頃。いかがお過ごしでしょうか?
私事ですが2月は体調不良その他もろもろが続き、撮影ができませんでした。
その分今月は早めに撮影!ということで3月撮影第一弾の更新です。

今回ご登場いただいたのは里美さん23歳。群馬から1年前に上京し、
現在は某ファミリーレストランのキッチンで働かれています。
生まれつき極度の近視だった里美さんは幼い頃から-22Dの眼鏡をかけていて、
矯正後も0.3程度の視力しか出ない為に不自由な思いが多かったそうです。
小学校時代にはそのぶ厚い眼鏡のせいでいじめに近い体験をしてしまったり、
他人が笑っていると自分の眼鏡のことで笑っているのではないか、と
過剰に敏感になってしまったりと自分に自信がなかったと言います。
また、眼科の定期検査には必ずご両親が同行してくれており、
それに感謝しつつも過干渉ぎみなことに息苦しさも感じていたのだとか。
結果、「一人でもちゃんと生活できるもん!」そんな気持ちで上京してきたそうです。

最近の悩みは町の看板や広告、電車の路線図などが眼鏡をかけても全く見えず、
眼鏡が重いので外すと鼻に跡が残ってしまうことと、お化粧をするようになり、
いちいち眼鏡を外したりかけたりしないといけないのが不便なこと、だそうです。
趣味はお料理とアニメ鑑賞。理想のタイプは包容力のある年上の男性。
撮影中も始終笑顔の絶えなかった里美さん。細かい気遣いもでき、感受性も豊か。
とってもいい子でした。

写真は177枚収録です。自前1種。他撮影用の
黒縁・ツボクリ・メタルフレームを使用し撮影しています。

CD-R 177枚収録 \2000
CD-R 177pics

●DVDは定番になりつつある屋外撮影です。
今回は晴天から曇り、そして雨と天候の移り変わりが激しく、
それを最大限に活かした撮影ができたと思います。
また、里美さんのほんわかとしたお人柄がよくわかる会話・実演シーンが
とても多めなので、里美さんのキュートな容姿を楽しみつつ、
同時にかわいらしい声も楽しめるとてもいい作品になりました。
あくまで個人的にですが、これまでの撮影でも五本の指に入る
充実し、楽しい撮影だったと思います。
●インタビューは眼鏡歴や上京の経緯の話、視力をよくするために
していた事などなど多岐に渡ります。中にはご自身のバストのお話や
恋愛に対する憧れの話など少し際どいものもあったりして。
裸眼になっていただいた際の不安げな瞳や眼鏡を取り上げられて
慌てる様子など、仕草も毎回とてもかわいらしかったです。
●撮影用の眼鏡は黒縁・ツボクリ・メタルフレームの3種を使用。
矯正視力0.3の里美さんはツボクリ眼鏡が自分の眼鏡よりもよく見えたらしく
(きっと0.5くらいまで見えてる!だそうですw)大変お気に入りでした。
眼鏡の上から眼鏡をかけてみるシーンや、雨宿りで入った喫茶店で
暖かい飲み物を頼み眼鏡が曇るシーンなども収録してみました。
●裸眼で携帯電話の文字を読むシーンも撮影しました。
目を細めたり大きくしたりして必死でピントを合わせようとする様子や
遠くを見ようとして目の焦点が合わなくなる様子などが撮れています。
●最後の最後で眼鏡を取り上げるドッキリ企画も敢行。
なにも見えず思わず腰がひけてしまう様子や眼鏡をかけると一転、
普通に歩ける様子などがとってもキュートに収録できました。
●こんなにかわいくて綺麗な里美さんですが、褒められるのには
全く慣れていないようで、褒める度に必要以上に照れてしまう仕草が
個人的にとてもツボでしたw おすすめです◎

DVD 約60分収録
 ¥4000(ダウンロード版は\3800)

DVD 60min



サンプル動画はこちらをクリック!

shopへ

gallery

inserted by FC2 system